■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■水曜日のダウンタウン、木曜日のシンラジオ


■今日は二十四節気の大暑、でした。

そう、今日も暑かったんだけど、食欲は先週末から戻ってきてます。先週は食欲がなくて、グミだけで食事を済ませることもたびたびあったんだけど、金曜の夜あたりから食欲が復活しまして、土曜は冷や麦250gをゆでたり、日曜は朝七時台からやよい軒で冷汁定食をたいらげたりしてました。もち麦ごはん大盛りです。


■しかしウォーキングには適さない気候ですね。先週の土曜日は午前4時半からラジオを聴きつつウォーキングに出かけたのですが、早朝からあまりにも蒸し暑かったので、しばらく歩いたところで、これは素直に帰ったほうがいいなーと判断して引き返して、『木梨の会』が始まるころにはもう家に戻ってました。

ムリしてあのまま歩き続けてたら、また体こわしてただろうなー(以前、そのようなことがあったのです)。


■7/17の『水曜日のダウンタウン』後半の「アレオレ」企画、面白かったですね。とくに誰も損しないし、
必要以上にハラハラドキドキさせないし、凝りすぎてないし、見てるこっちもいろいろ呑み込みやすいし、イヤな後味もしないし、なにかとちょうどいい。

この番組って、スタッフが「大がかり企画班」と「小ネタ班」に分かれてるのかな? まあ、そこはよくわかんないとこだけど、ともかくこの番組のこれっくらいのちょうどいいサイズ感の企画が好きです。


■そうそう、7/18の木曜『シン・ラジオ』で、「ウーパー・ダンシング」なる曲がかかってて、初めて聴いたのですが、えー、けっこう気に入ってます。笑

ウーパールーパーが出てくる昭和60年の日清焼そばUFOのCMソングだそうです。このCM自体は知ってた。ということは、無意識のうちにこの曲を聴いてたってことになるのかな。尾崎亜美の作らしい。ふむ。

この番組の、「Kick&Loud」とか「ちょっときいてな」とか「ショーガクセーイズデッド」とか「瀬戸の花嫁(若林ver)」とか、あと、所さんの「明石家さんまさんに聞いてみないとネ」ではなくそのB面をかけるセンスが好きです。


■暑くて食欲がない


■"カプヌ"って略し方、やっぱりまずそうですよね。

なんてことを考えながら生活していたらもう七月も半ばを過ぎました。海の日の三連休がもう懐かしい。昔(7/13〜15)は良かった。あのころ(7/13〜15)は良かった。


■三連休は、ハンバーグ(1kg)を食べたり、バニラアイスにリキュールをかけて食べたり、ニッポン放送の特番を聴いたりして過ごしてました。


──なんすか? 1kgって…。(゚д゚; ) (゚д゚; ) (゚д゚; )


ニッポン放送の特番はですね、キャイ〜ンが出る(12時台)のと、タモリと山下洋輔が出るのを聴きました。ソバヤソバーヤ♪のライブ音源なんてのがあるのですね。


■そんでさ、三連休は1kgのハンバーグを食べたりしてるのにさ、今日はまるで食欲がなくてね。夕飯はグミしか食べてないです。暑さにやられたのか…。今日の帰り道はやたらと蒸し暑かったもんなあ。

そんなわけで、さっきからハリボーばかりつまんでおります。もちろんハリボーだけではなくて、ちゃんと栄養バランスを考えて、果汁グミもちょっとは食べてますよ。


──栄養バランスとはなにか。(゚д゚ ) (゚д゚ ) (゚д゚ )


■毎年毎年いってることですが、七月は「暑い夏」で、八月は「暑苦しい秋」なんだよな。八月は"苦しい"が付加されるうえに、七月のようなスキッとした夏らしさを欠く。※個人の感想ですけど。

なので、冷やし中華だとか、冷やしそうめんだとか、冷汁だとか、そういう料理は七月のうちに食べちゃいましょうよ。いや、八月に食べてももちろん美味いよ。でもさ、七月に食べるのと、八月に食べるのでは、もう、ちょっと違ってきちゃうんだよな。まあこれも※個人の感想です、ということで、ひとつ。


■タモリがラジオで云ってた「意味からの解放」というフレーズが印象に残っております。


■所さんの世田谷ベース「矢吹フェス Vol.2 保存版」


■所さんと木梨の出るライブに行った、という話は以前書きました。そのライブの模様が、『世田谷ベース』で放送されてました。TVerはこちら

これを書いてるのが7/13土曜の午后なのですが、今日の22時までTVerで見(ら)れるそうです。あと数時間ありますので、みんな見ましょう。

なにがうれしいって、客席にいた拙僧も、ほんのちょっとだけ映り込んでることです。しかも、ステージ上の所さんと同じ画面におさまってました。やったあ。


■うん、純粋な客の人数は200人くらいだったんじゃないかなあ。2階席はぜんぶ関係者席で、1階席も上手側は関係者席だった。

そんな小さなハコで所さんや木梨を見られてよかった。夜の部は通路側の席に座ってたんだけど、おれのすぐそばを木梨が舞台に向かって歩いてくのね。手を伸ばせばすぐ届く至近距離をとんねるずの木梨憲武が通っていく、ってのは不思議な感じがした。


■しかし令和6年に、所&坂崎コンビの「ちり紙」を聴けるとは思わなかったですよ。TVerでも上記リンクの35:00ぐらいのところから聴けますので、聴きましょう。


■たくさんのドクターペッパーチェリーは心を豊かにします


ドクターペッパーチェリー


■めずらしくレッチリとぼざろの話


■レッド・ホット・チリ・ペッパーズなる集団がおりますが、こんばんは半蔵商店でございます。

日本ではレッチリと略されております。レッチリはwikipediaによると'83年デビューとのです。

が、もしこのバンドが令和の時代に登場した新人バンドだったら、「レホペ」とか「レチペ」とか「レホチ」といった、視力検査表を読み上げたみたいな略称になってたように思います。


■漫画の『ぼっち・ざ・ろっく!』は、wikipediaによると'18年連載開始だそうです。

この漫画は「ぼざろ」と略されてますが、これがたとえば'90年代くらいだったら「ぼちろく」みたいな呼ばれ方をされてたような気がします、なんとなく。



1/684 >>