■2017/8/11〜20は夏休みで沖縄です。14〜16は石垣島、と思いきや意外に宮古島。


■gocoupのシングル今秋完成予定です。

■疑似80s、疑似90s





■おれは妹1号に教えてもらったのですが、各曲が'90年代のCM風になってる藤井隆の新譜トレーラー、良いですね。

疑似80s、があらゆる分野でひととおり流行ったから、次は疑似90sということなのでしょうか。

藤井隆も「ナンダカンダ」('00)で疑似80sはやってたしね。


■疑似80sといえば、浅草のマルベル堂で'80年代風プロマイドが撮れるらしい。笑

これ知らなかったなー。拙僧のプロマイドを撮ってもらおうと思って、
マルベル堂のサイトを見てたらたまたま見つけたんですけど。

──なぜ、おまえは自分のプロマイドを撮ってもらおうと思っているのか(゚д゚; ) (゚д゚; ) (゚д゚; ) ワカラン


■颱風。茗荷谷と宮古島。


■颱風一過。本日の茗荷谷は晴れております。

この三連休で部屋の片付けをしようと思って、実際片付けはじめてみたのですが、土日はお腹の風邪を引いてしまったらしく、おもにぐったりしておりました。部屋の片付けは遅々として進まず。なまじ片付けを始めてしまったゆえ、かえって片付け前よりも部屋が散らかる、という典型的な負け戦でございます。失敗。国立大学の独立法人化ぐらい失敗。


■さて、拙僧の妹2号が宮古島に住んでおりまして、そちらのほうが颱風の被害が甚大だったらしいです。

以下、妹2号よりヒアリング。

・マンションの2階なのに玄関が浸水。共用部分の廊下から雨水が流れ込んできたため。
・島の9割がたが停電。
・かろうじて自宅は電気の来るエリアだったが、ケータイもネットもつながらなくなった。
・テレヴィジョンも見られなくなった。
・ベランダのエアコン室外機が雨でやられ、エアコンが使用不能。
・雨が重力を無視して、垂直(↓↓↓)ではなく水平(→→→)に降ってきた。
・道ばたの、ダイドードリンコの自動販売機が強風で倒れていた。
・近所にある、かろうじて電気の来るエリアのコンビニに、大勢の人類が押し寄せ、店内の棚がほぼ空っぽに。
・この大風&大雨の中、なぜかバスケをやってるアホな高校生の集団がいた

最後のは別として大変ですね。おれの知る限り、たしか宮古島は8月は、少なくとも8月前半は雨が一滴も降ってなくて水不足で困ってたはず。なのに、9月はこの颱風…。


■妹2号曰く、颱風が吹いている間は情報源がレディオもといラジオしかなかった、とのことでした。万一に備えて、ラジオは用意した方が良いですね。おれも一台持っております。これは、コサキンの最終回を聴くためにわざわざ石神井公園の西友で買ったものです(当時はまだrajikoがなかった)。


■さて、そろそろ、なまじ片付け始めてしまったゆえ、かえって片付け前より散らかってしまった部屋を、あらためて片付け始めたいと思います。でも、もう、どんなにがんばったところで「片付け前とトントンの状態に戻す」のが精一杯なんだよなあ。なんだったんだろう、この三連休は…。

お腹の風邪さえ引いてなけりゃなあ、と思うも、引いてなくたって片付けはたいして進んでなかったような気もする。笑


■あ、坂本+Illuha+Taylor Deupreeの『Perpetual』を聴きながらこのエントリを書いてると、ちょっと体調よくなってきた笑。体調が優れないときは、おだやかな電子音楽に限りますね。


■所ジョージとスチャダラ・アニ。沖縄にて。


■そうか、おれがちぇるちぇるランドに里帰りしてからもう一ヶ月経つんだな。早いもんです…。

今日は、帰省中に聴いた音楽の話。どうでもいいよ、と思う方も多いと思いますが、インターネットとは、そういえば、そういうどうでもいいことを書く場所ではなかったか。


■帰省中は、自分で焼いた二枚のCD-Rを聴いてました(いまどきはCD-Rを焼く人も少なくなりましたが、とはいえ盤のほうが取り回しが良い、という場面もあるにはある)。

一枚は所ジョージの曲だけをまとめた盤、一枚は『サマージャム '95(仮)』です。


■所ジョージCD-Rの選曲はこちら。いちおうドライブに合う曲、ということで選びました。

1. スーパーショット
2. 白いTシャツ
3. レイニー・ブリット
4. 雨のしずく
5. 忘れてしまうのであろう
6. Summer Come Back to Me
7. ホテル・チャイナタウン(1991 ver)
8. 万事急須
9. まっ暗な夜
10. ブルーライト・チャイナタウン
11. 僕の犬
12. ひかえ芽に、春(『僕の犬』ver)
13. 雨あがり黒い路上(『カニバーサミー』版)
14. 春一番の前

昼に合う曲と夜に合う曲が混在している並びではあります。そこは反省点。

うん、6.みたいなシングルB面曲を入れるのが渋いよね、と誰もほめてくれないので自分でほめる。7.は、『カニバーサミー』版のほうがタイトで良いけど、女声コーラスが入ってくる感じが好き、という理由でオリジナル版。

'10年代の曲は、8.以外に「僕のバイクで帰らなきゃ」「めんどくさいのが帰ってくる」も入れたかったんだけど、リッピングしてなかった。フォークっぽい12.は全体の流れからは浮くけど、自分の生活の中で「妙に聴き返したくなる率」が高いので、そういう曲は素直に入れる。

で、14.は、ほんとうはこのB面の「木造建築20階建て」を入れたかったんだけど、手許に音源がないのでA面である「春一番の前」を入れた、という屈折した理由で収録。ま、これはこれで好きな曲です。いささか季節はずれですが…。


■で、もう一枚のCD-R『サマージャム'95(仮)』ですが。

えー、この地球上には、『サマージャム'95 ANI's Selection』というミックステープがあるんですね。

これは、スチャダラ・アニが作ったミックステープで、スチャダラパーの「サマージャム'95」という曲の歌詞に出てくる単語「夏用のテープ」を具現化したものらしいんですね。おれはくわしいことは分からないので間違ってたらすいませんが、数年前の『大LB博覧会』で売られてたらしくて、で、大阪会場では売っていたけど東京会場では売ってなかった、んですかね、よく分かんないけど。

数ヶ月前、拙僧もこのテープを渋谷の某店で見つけたんですが、真顔で13800円という値段がついてました。高い! もうちょっとでファミコン本体買えますよ。

で、いろいろ検索してたらこちらのブログ様でミックステープの曲目があったので、その曲の音源をAbleton Live上に並べてミックスを作り、CD-Rに焼きました。うむ。実際のミックステープ中では、これらの曲をどのような尺で、どのようなタイミングでフェイドイン/フェイドアウトさせているのかは分かりませんが、少なくとも曲順だけは再現できました。

上記ブログで、「??? / ??? (Reggae 曲が分からず)」となってる部分には、LBの一員であるスリー・ワン・レングスの「DRIVE D-51」を入れました。夏っぽい。


■ということで、帰省中はクルマの中でこの2枚のCD-Rを代わる代わる聴いてました。

めずらしく、沖縄でマーティン・デニーとかレス・バクスターとか、そういったエキゾものを聴かなかったなー、この夏は。


■27時間テレビが生放送ではない


■'90年代に、調子ぶっこいた大学2年生みてえな歌を唄って生活費を稼いでいた小沢健二とかいう中年男性が、まだ音楽やタモリに未練があるのか、おとといMステに出てたそうですね。見たかったなー。なんでもかんでもYouTubeにアップされる時代ですが、生放送の歌番組はやはり生で観ないとね。


■生放送と云えば、今年のFNS27時間テレビって(ほぼ)生じゃないんですね。あらかじめ収録した番組を流してるみたいです。

これは、おおむね、

1) 27時間の生番組を企画・制作するだけのお金が、フジテレビにはもうない。
2) 27時間の生番組を企画・制作する知識や技術の伝承が、定年退職やリストラによる人材の枯渇とともにフジテレビ局内ではもう途絶えてしまった。

ってことなんでしょうか。(1)のお金はがんばって工面すればなんとかなるかもしれないけど、(2)はね、こういうのっていったんノウハウが途絶えたら、大げさな云い方になるけど、ひょっとしてもう二度と取り戻せないのではないか。一種のロストテクノロジーというか(話が変わりますが、お札が20年ごとに新しくなるのも、紙幣作りの技術を絶やさないためらしいよね)。


■昔はね、27時間テレビってね、なんか「夏祭り感」があったんだよね。で、その感覚は当然ながら生放送だからこそのものだったように思う。収録済みのVTRを流すだけだったらさ、それって改編期特番と何が違うんだろう。

ま、27時間テレビ自体、お台場に越してきたあたりからちょっと微妙なのですが、とはいえ3年前はSMAPの27曲ライブなんて手間も金もかかったことやってたわけでね(あれはおれも見ちゃったな)。3年でこうも変わるもんなのか…。


■ちなみに沖縄では、27時間テレビの深夜帯は、「関東ローカルのCMが沖縄でも同時にそのまま放送される」という極めて貴重な時間帯でした(と記憶している)。


■ちなみにこれを書いてるのは朝の6時で、能の企画をやってて、出演者の一人に所ジョージがいます。所ジョージがフジテレビのBSでもなくCSでもなく地上波に出てるって、意外と久しぶり? たけしとテレビに出てるのも久々に見た気がする。


■くまどりんは年間休日91日なの〜


歌舞伎についていろいろ検索してたら、株式会社イヤホンガイドの求人(リンク先は9/20まで)を見つけた。笑

「ニューヨークやロンドンなど、歌舞伎の海外公演に同行するケースも」とのこと。

カブキ好きの方は応募してみるといいかもしれませんね。



1/530 >>