■2016/12/29〜2017/1/3はパリではなくバリにおりました。

■超歌舞伎、俳優祭


■幕張で超歌舞伎見てきました。13時からの回。

主な感想は、昨年と同じです。手短にまとめるとカブキとNTTってすげーなー、ということです。すいません手短すぎますね、これ。

だから、最新の電子的なカラクリや、初音ミクのようなサブカルチャーをも呑み込める歌舞伎っていうフォーマットが、ね、すごいですし、この不景気なご時世に、こういう藝事にお金を出してくれるNTTは偉い。

桜咲く夜の吉原の街を、ドローンカメラでパーッと撮ってったようなCGが良かったです。こういう表現、歌舞伎座ではやってないしね。

獅童はエンディングで、客を煽るだけじゃなく、歌うなり踊るなりするのも見てみたい。

で、超歌舞伎の後は、「にゃんごすたー」が生ドラム演奏をやってるブースをちょっとだけ見学して帰宅。

家で16時からの超歌舞伎をニコ生で見ました。


■で、夜は夜でテレヴィジョンで俳優祭なる営みを放送してまして。

・チケットがまあすぐ売り切れる
・しかも高い
・しかも年度末の平日に開催
・ちなみに開催は数年おき。毎年やってるわけではない

という、前世でよほど徳を積んだ人じゃないと入場できないイベントなので、前世であんまり徳を積まなかった拙僧はとうぜん見に行けません。なのでテレビでやってくれるのは助かる。でも一回くらいは生で見たいな。前世でもっとがんばっておけばよかった…。


■春日部駅通り 名曲堂


名曲堂(表)

某店で中古レコード買ったら、中に春日部の名曲堂のサービス券が入ってた! 4点! やった〜。

メルカリで2万円くらいで売ろうかしらね。


名曲堂(裏)

──と思って裏面を見たら、有効期限は昭和59年2月28日までだって。残念。


■最近知って「へえ」と思ったこと


■高橋幸宏は、末期のピンクレディーに曲を提供している。


■カレーの王様は、現在4店舗しかない。

もっとたくさんあるイメージがある。


■レコファンは、現在2店舗しかない。

前も書いたかもしれないけどレコファンの値付けってさー、「高い」「安い」以前に、「血が通ってない」んだよね。あんまり音楽に興味ない人が値段付けてる気すらする。ジャンル分けも荒いし、こんなんだからユニオンに負けr、まあいいや、なぜかなんかグチっぽくなってすいません。


■りゅうちぇるは、姉もタレント。


■活字の「級数」は「Q数」の当て字。

逆じゃないんすよ。おれずっと逆だと思ってた。「級」を省略した書き方が「Q」だと思って日々を生きていた。QはQuarterの略だそうです。1Q=0.25mmだそうです。1mmの1/4だからQuarter。


■『料理天国』は、'92年までやってた。

Wikipediaによると1992年9月26日までやってたらしい。なんか「'80年代前半の番組」というイメージがあったので。いや、ただそれだけのことなんですが…。


■カレーの王様、という名前は「カレーの王子様」にあやかったもの。

ってWikipediaに書いてあった。


■検索飽きた、カップヌードルナイス、落語 THE MOVIE


■いま、ほとんどみんな使ってますよねgoogle。BingやDuckDuckGoを使ってる人は、少なくとも日本ではあまり見ない。AltaVistaやLycosやMooterを使ってる人もあまり見ない。あと、Bingのアクセス数の半分くらいは、Windows PhoneのBing専用ボタンの押し間違いだろ、どうせ。

──決めつけるんじゃない。(゚д゚ ) (゚д゚ ) (゚д゚ )

で、まあ、google使ってるじゃないですかみんな。半蔵さんも含めて。なので、あえて云うと、われわれがいま見てるインターネットってのはgoogleという一企業のフィルターで濾過した後の何か、なんですよね。もっと云うと、もうインターネットはgoogleのものなんですね。

──それは言い過ぎでは… (´д`; ) (´д`; ) (´д`; )

とはいえ、google検索無しでインターネット見る日があるのかってことですよ。もう、インターネットじゃなくてgoogleって呼んだ方がいいな。

ただ、検索っていう行為自体が、少々飽きたというか面倒くさいというか。そもそも検索って'00年代くさい。「お目当ての情報にたどり着く方法」が検索以外にもあっていいんじゃないかなー、とは思わなくもない。

──インターネット自体に飽き始めてるのでは? (゚д゚ ) (゚д゚ ) (゚д゚ )

どうなんでしょうね。まあ、検索に取って代わる何かを思いつくのは難しいよな…。あと数年もすればAIが、なんかこう、いい感じにいろいろやってくれるのかもしれないけど。

──あいまいにも程がある云い方…。(゚д゚; ) (゚д゚; ) (゚д゚; )


■カップヌードルナイス。低カロリー糖質オフはありがたい。けど、いくら「こってり」を謳ってる商品とは云え、さすがに味が濃すぎると思った…。

これだけなら「じゃあ、食わなきゃいいじゃねえか」ってだけの話なんだけど、うちの近所のコンビニでは、このカップヌードルナイスの登場により、旧来のカップヌードルライト(普通のやつとシーフードのやつ)が棚から消えたんですね。うーむ。おれは旧来のライトの方がいいな。食べ飽きないし。

ちなみに、カップヌードルライトに納豆を1〜2パックぶち込んでからお湯を注いで食べるのが好きですよ。


■教育テレビで『落語 THE MOVIE』って番組やってるけど、落語って画がないからいいんじゃないんですかね。なんて云ってるのはおれだけですかね。


■豆腐をパスタだと思い込みながら食べてる、という内容のエントリ


■このごろ、諸般の事情で糖質少なめ人生を送っています。

そんなわけで、豆腐に、ね、パスタ用のバジルのペーストを塗るわけですよ。そこにオリーブオイルを垂らす。場合によっては粉チーズも振りかけます。

これを、バジルのパスタ代わりに食べます。豆腐は絹より木綿がいいですね。


■いま手元にある、あ、やっぱ手元じゃなくて手許って表記させてください、いま手許にあるヱスビーのバジルソースは、1食24gあたり、109kcalで炭水化物3.1g。

検索すると、木綿豆腐は100gで70kcal、糖質1.2g。おれがこないだ買ってきた木綿豆腐は400gだから、280kcalで糖質4.8g。

これでまあまあ腹もふくれるし、低糖質ですね。ただ、この物体をバジルのパスタと思い込む想像力。これが求められるわけです。

こんな物体とは云え、何回か食べると、「あゝ、腹一杯スパゲティを食いてえ!!!」といったパスタ欲、ひいては炭水化物欲がそこそこ収まるんですね。


■豆腐にバジルではなく、明太子のパスタソースを塗ることもあります。この物体を明太子スパゲティと思い込む想像力。

短い人生、食べたいものくらい我慢せず食べてもいいではないか、と思わないこともないけど。



1/519 >>