■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■瑛人の「香水」をリミックスしました




ネット上には、誰に頼まれた訳でもないだろうリミックスが多数転がっています。

さて、このたび誰に頼まれた訳でもないのに「香水」をリミックスしました。めずらしく最近の曲です。ファミコンのような、8bit風の音です。瑛人だから8です。

上記の埋め込み画面ではジャケがちゃんと見られないのでここに改めてジャケを載せておきます。↓
「香水」ジャケット


■『SWEET ROBOTS SHOW』次回で終了


■モザイクを基調としたデザインがお世辞抜きで見づらいYMO40周年のサイトで、なにがあったか知らんけどなぜか一時期非公開となっていたInK石野とピエール瀧がYMOについて語る動画が、いつの間にかまた見られるようになってました(その1その2)。ので、見ました。


■テイトウワのラジオが終わるらしいですね。前回の放送の終わりに、めちゃくちゃさらっとした告知がありました。あんなにさらっとした最終回の告知もめずらしい。笑

七月の夜中、たまたま目が覚めてラジコでラジオを聴こうとしたのですが、いつもならまず『不毛な議論』を聴くところをたまたまこの番組を聴いてみたら、たまたま砂原良徳のミックスが流れてきた(ミックスの内容もとても良かった)、ということがありまして。それがきっかけで、それからは毎回聴いてました。でも、終わるそうです。残念。

この番組に限らないけどさ、ラジオで知らない曲とエンカウント(あえて横文字)する、って大事だなあ、って思うんですよね。YouTubeで自動的に表示されるおすすめ欄はさ、これはこれで重宝してるし、これで知って好きになった曲も少なからずあるので文句は云えないんだけどさ、「ほれほれ、どうせお前みたいなやつはこういう曲が好きなんだろ? ビッグデータはお見通しなんだよ、ほれほれ」と、AIに押しつけられてるというか見透かされてる感じがあって、なんか悔しいです。笑


■テイトウワと云えば、今日、こんなインタビューを見つけました。SRATM『3』発売時のものです。英語です。

文中、バカリズムがHidetomo‘Bakarhythm’Masunoと表記されてます。


■あ、この金曜は紀尾井町家話見てました。莟玉くんの画面だけが、なぜか唐突に回転し始めたところが面白かったです。


■四連休は食べたり歩いたりしていました


■突然ホリイケンイチロウ氏の自宅に押しかけ、ピアノ(?)に関する資料をもらう──という謎の夢を見てたら目が覚めました。もちろんホリイ氏と面識はありません。本は数冊持っています。


■突然『世田谷ベース』に木梨が押しかけてくる、というので見てみました。TVerでしばらく見(ら)れます。しかし所さんの世田谷ベースは、断捨離とまったく逆の世界だな、と見るたびに思う。


■四連休は、ダイエットを休止して、食べたいもの食べてました。三キロぐらい太った。人間ってほんと簡単に太る。

ええ、分かりきってることですが、ダイエットで胃が小さくなったところに食物をいろいろ詰め込むから、すーぐ満腹になって、苦しくなって、まあ、そんな楽しいもんでもないんですね。そんな楽しくないのにしっかりリバウンドだけはする、ってこれなんなんでしょうか。笑

それでも、「四連休はなに食べようかな…」と考えを巡らすのは楽しかったです。食べることそのものより楽しい。


■そうそう、月曜にとあるつけ麺屋に行ったんですね。食券を渡して数分後につけ麺が出てきたのですが、注文してない味玉が乗っかってました。お店の人曰く、

「すいません、間違って味玉入れちゃいました。よかったらお召し上がりください」

とのことでした。うれしい。


■四連休は食べる一方、一日二万歩以上歩く、というノルマを自分に課していました。結果、四日間で十万歩歩いた。

朝も早よから電車乗って、七時くらいに御成門で降りて、てくてく歩いて東京タワー近辺→麻布十番→広尾、まで歩くのが好きです。録音した深夜ラジオ聴きながらね。ファミリーマートで買ったホットコーヒー(S)飲みつつね。あ、このホットコーヒーが四連休で口にした中で、いちばんおいしかった物かもしれない。


■「ステッキに桜の花びら」が久々に聞けてよかった。『ソリトンSIDE-B』坂本龍一回再放送


■突然思い出したけど、コザのゲート通りにあった「酒のアル○テック」(現存せず)の最後のほういた黒縁メガネの変なババアなんだったんですかね。イェーガーマイスターの瓶で顔面ぶん殴ってそのメガネをフレームとレンズ一式セットでブチ割ってやりたくなるほど態度悪かったんですわ。あれは何だったんだろう。





■といった意味も含めまして半蔵商店なんですが、今日夕方に『ソリトン SIDE-B』の坂本龍一回が再放送されてましたね。みなさん見ました? おれは見ました。

このソリトンという番組は、他にも何種類かあったんだけど、おれはこの『ソリトン SIDE-B』が一番好きでしたね。司会の高野寛と緒川たまきがさ、そんなに我を出さない人たちじゃないですか。そこが司会として良かったんだと思う。あまりはしゃがない淡々とした感じが、土曜深夜という時間帯の教育テレビに合ってて。

坂本回の他に、細野回、ユキヒロ回も見た覚えがある。あと、テイトウワ回、石野卓球回はVHSテープに録画して繰り返し見てたなあ。

そう、この坂本回も録画して見てたんだけど、'90年代当時も坂本回だけピンポイントで複数回再放送してるんだよね。みんな、好きなんだな、教授(と呼ぶ世代ではおれはないんだけど、一応こう呼んでみる。笑)。


■さて坂本回。本放送は'95年6月10日。'95年て、いまから振り返ると、カラオケと小室サウンドと短冊8cmCDシングルの時代でした。小室ファミリーの新曲をカラオケで歌うために、人類がCDシングルを買って家で歌の練習をしていた時代です、と日本史の教科書には書いてある。前年はゲイシャガールズがデビューしてて、前々年にはYMO再生、前々々年はバルセロナ五輪開会式がありました。そんな時代のサカモト。

主な話題は、ダウンタウンとの出会い、ドリス・デイ[※]とスヌープ・ドギー・ドッグが出てくる'94年のNYタイムズの記事(おー、いま検索したら公式に読める! 外人語だけど)、自身の学生時代、映画音楽について、カラオケのこと、等。

今日の再放送は家で甘酒のカルピスウォーター割りを飲みながらオンタイムで見てたんだけど、けっこう覚えてる部分ととっくに忘れてる部分が交互に出てきて、それが楽しかった。人間って、意外と覚えてるもんですね。意外と忘れてるもんですね。

そうそう、当時の坂本はインターネットにはまっていたので、事務所からインターネット禁止令が発布されたらしい(この話題は忘れてた)。'95年6月の時点でですよ。Windows 95 が発売される前のことですよ。

[※9/20 19:00追記]番組の中ではドリス・デイとなっていたが、上記にリンクしたNYタイムズの記事をページ内検索してみても「Doris Day」の文字列は出てこない。代わりに「Patti Page」なる名が出てくる。スヌープの左に出てくる画像も このパティ・ペイジのCDのジャケと一致する。するってえと、あれかい、世界のサカモトも高野寛もNHKのスタッフも、ドリス・デイとパティ・ペイジを取り違えてたってことかい?

もっと云うと、パティ・ペイジの写真とスヌープの写真の間には犬の絵が小さく配置されている。これは、記事中に出てくるパティ・ペイジの曲「(How Much Is That) Doggie in the Window? 」とスヌープのアルバム『ドギースタイル』が"犬つながり"であることを示してるような気がするんだけど…。おれは、ドリス・デイもパティ・ペイジもスヌープもぜんぜん知らないので、変な勘違いをしていたらすいません。



■視聴者から投稿されたデモテープのコーナー(というのがあったのです)の曲も覚えてた。「ステッキに桜の花びら」という三拍子の曲が好きだったんだけど、それがひさびさに聞けてよかったな。

ちなみに、このデモテープコーナーを独立させたデモテープ回、というのもあったんだけど、その中で放送された「ガリレオ・ガリレイが笑う夜」「夜明けのガス灯」という曲も好きだった。





■で、今日の再放送みながら、あー、そういえばこの番組の番外篇(?)で、『YMOの足跡』っていうYMO番組あったなー、ナレーションは小林克也だったなー、あれも再放送してほしいなー、と思ったら、NHKも同じこと考えてたらしく、『YMOの足跡』の冒頭部の映像もほんのちょっとだけですが流れました。笑


■フローリアン・シュナイダーのインタビューテープ


画像はテレックス


昨日ドミューンでやってたクラフトワークの番組見ました? クラフトワークにまつわるトークとDJを放送してました(画像はテレックス)。


■すごかったのは、フローリアンのインタビューテープが聴けたことですね。

そう、あのー、'89年の『銀星倶楽部』のテクノポップ号(おれは'98年にこの号を北九州の書店で買った、と記憶してる)にフローリアン・シュナイダーのインタビューが載ってるのですが、これは、質問者が用意した問いに、フローリアンが回答をテープに吹き込んで質問者に送る、という形のインタビューなのですね。

で、誌面には「フローリアンはエフェクトをかけた声で質問に答えてくれた」みたいなことが書いてありました。わざわざそんな手間をかけてくれるなんて、けっこうサービス精神あるなあクラフトワーク、と思った記憶が当時('98)ある。クラフトワークって、エフェクトかけるどころかそもそも外部からの連絡に反応しないイメージあったからさ。

そのフローリアンのテープの実物の音声、が番組中で紹介されてました。聴けてよかった。


■もっとすごかったのは、このテープの複製をなぜか砂原良徳が所有してたのが判明したことですね。



1/607 >>