■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■中谷芙二子『霧の抵抗』 於 水戸芸術館


■木村っていう役者が映画の宣伝で連日やたらテレヴィジョンに出ておりますが、この人のかっこよさやカリスマ性って、結局あのグループあってこそのものだったのかなあ、と、以前も思ったことを思っております。


■といった意味も含めまして半蔵商店でございます。昨日は水戸に行ってきました。2年ぶりだなあ。以前は営業の仕事で、毎週のように来てたものです。

水戸駅北口

朝9時前、2年ぶりの水戸駅北口。画面右手に見える京成ホテルは、拙僧が男一人で「いちごスイーツ食べ放題」に突撃したことで有名。しかも2年連続。

北口のバス停からバスに乗る。電子マネーの端末があったのでPASMOをタッチしてみるが反応しない。バス停にいた係の人に「イバッピしか使えません」と云われる。ふむ。


■京成百貨店前で降りる。歩く。水戸芸術館着。本日のお目当て、『霧の抵抗』を見るのです。そのために電気で動く汽車に乗り継いで水戸にやってきたのです。これまで水戸には冗談抜きで100回くらいは来てるのですが(仕事でね)、水戸芸術館は初めて。あのくねくねした謎の物体は当然知ってたのですが。

おれが水戸芸術館に着いたのは9時前だったので、開館の9時半まで近所のファミリーマートでコーヒーを買ったりしつつぶらぶらする。





■9時半ごろ水戸芸術館の庭というか広場というか、そういう感じのスペースに来てみると、おお、さっそく霧がもくもくして、シューゲイザーっぽい画ヅラになってる。

霧(一)

霧の中にいると、視界が曖昧模糊としてきて、だんだん真っ白になっていって、なにも見えなくなって、また霧が晴れていって、という流れがおもしろい。

霧(二)

霧が散布されるときの「シュー…………」という音もサウンドアート的で良い。耳に優しいホワイトノイズというか。


■うん、霧のある風景って好きなんだよね。たまに貸しポジのサイトで、「fog lake」みたいに検索するもんね。

おれはなぜ霧の風景が好きなんだろう。視界に濃淡ができて、明確な景色を把握できなくなる、この「把握できなさ」がいいのかもしれない(われわれは万事において「把握することがいいこと」だと思わされてすぎている、と思う)。把握できなくなるので、クリアな素の景色を想像する余地が生まれる。その余地が楽しいのかな、なんて。わかんないすけど。

霧というものを体験したことがほとんどないので、このたびは実際に霧の中に身を置けて良かったです。


■で、ひとしきり霧を堪能したのち、館内へ。館内でも霧と映像のインスタレーション作品があって、こっちもとても良かったんだけど、おれは強いて云うなら前述の広場の霧が好きです。現実の水戸の街に、霧がなだれ込んでくる感じが。なんというか、アートが実際の世界に切り込んでくる感じが得られて。




■で、霧の部のあとは、メディアアート/ビデオアートの部になる。

メディアアートの部。'71年に世界4都市をテレックス(ベルギーのバンドじゃないほう)で結び、各都市の人々が10年後の世界についてお互いに質問しあって回答しあう、みたいな企画の展示があって、いろんな質問と回答のテレックスが貼り出されてたんだけど、その回答者の中に手塚治虫とかウルトラ・ヴァイオレットとかっていう名前が平気で出てくるのな。

で、陳腐な紋切り型の感想文ですまんけど、そのなかにコンピュータ時代の到来を予見したような外人のテレックスがあって。「コンピュータを使ってるつもりが実は使われてるような人々、ってのが出てくるでしょう」みたいなこと書いてんだけど、これ、コンピュータの語をスマートフォンとかインターネットとかに置き換えたらまるっきり現代だよな。陳腐な紋切り型の感想文ですまんけど。'71年にそういうことを言い当てる人はちゃんと言い当てるんだな。'71年だぜ。カシオミニの発売が'72年だぜ。


ビデオアートの部。原宿にあったビデオアート専門ギャラリー(というのがこの日本にあったんですね)『SCAN』にまつわる展示。ビデオアートって結局ナムジュン・パイクしか売れなかったイメージ(あ、拙僧はナムとジュンの間にナカグロ入れない派です)。あと、あれか、坂本龍一の『TV WAR』とか、立花ハジメのFUJI AV LIVEとかか。よくわからんけど、でも、'80年代〜バブルのアートシーンの徒花、的な香りがして良かった。「SCAN賞受賞者リスト」みたいなのの中に原田大三郎の名前があった。

しかし霧にしろ、メディアアートにしろ、ビデオアートにしろ、相当の技術&金が必要になる表現だなあと思った。予算超過のため、万博の会期途中でE.A.T.はペプシ館から撤退した、みたいなことが書いてあったような気がする。


■で、館内の売店で母へのお土産用に干し芋を買って(水戸ですから)、庭に出て、再度の霧を堪能して終了。

夜は庭が照明でライトアップされるらしく、それも見てみたかったんだけど、この夜は歌舞伎座なのです。

バスでなく、歩いて水戸駅まで戻ってみる。


■さてお昼、なのですが、目当ての店が休みだったので、何を食べようか困る。電車まで時間がない。うーん。とりあえず駅ビルの中をうろうろ。なぜか地下のスーパーで「焼そばUFOミーゴレン」を買ってしまう。これは自分用のお土産とする。おやつにミスタードーナツ4個購入。

改札をくぐって、「ベックス」(JRがやってる店ね)でカレー。『プレバト』の盛りつけランキングだったら、土井先生が怒ってVTRの中から飛び出してきそうなくらいに、ライスの盛りつけがめちゃくちゃガタガタだった…。


■常磐線グリーン車で東京へ。車中、ドーナツを四個続けて食べて、胃もたれで気分が悪くなる。

おい、これ、所ジョージの「ドーナツで生き返る」って歌の歌詞そのまんまじゃん…。いくらおれが平均的日本人よりも所さんの音楽を聴いてるからって、そんなところまで影響受けなくてもいいのにね。


■帰京後、胃もたれしたまま歌舞伎座夜の部へ。


■テレビにつないだHDDの中身が全部


■えー、カンゲン君がね、二代目池畑慎之介を襲名するということでね。

──ラジオ番組序盤の爆笑太田のボケみたい…(゚д゚ ) (゚д゚ ) (゚д゚ )

あと、ついでに海老蔵も團十郎を襲名するそうですよね。


■ということでね、月曜の夜は、日本テレビ放送網の海老蔵特番を、テレビにつないだHDDに予約録画いたしました。そして寝ました。オンタイムで見ちゃうと、翌日に響くからね。月曜のおれは、火曜のおれのためにコンディションを整える義務がある。


■で、朝起きてテレビ点けたら。

HDDの中身が全部消えてましてね。

ええ。テレビにつないだHDDの中身が全部消えてましてね………………

……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………
……………………………………………………………………………………。

海老蔵特番どころか、ここ7年くらい録り貯めた番組がすべて藻屑(?)となってました。合唱。

──レローン レロン シンタ〜♪ パパイヤの木が〜♪ (´д` ) (´д` ) (´д` )

すいません。合唱じゃなくて合掌。

富十郎の『あの人に会いたい』やら、有吉が『正直さんぽ』で茗荷谷に来た回とか、『世界ふしぎ発見』のアイスランド回とか、『みなさんのおかげでした』の最終回とか、もう、とにかく、もう、なにもかもが全部消えてやんの。


■心当たりはあるんです。ええ。拙僧はこのHDDを床に直接置いてるのですが、つい先日、机の上から、誤ってミツカン味ぽんの瓶をこのHDDの上に落としてしまったんですよ。うん。

ただ、このHDDも7年くらい使ってるからねえ。ミツカン味ぽんを直撃させなくてもHDDは壊れる運命だったかもしれない。

いま、テレビを点けるたびに、「新しいUSBハードディスクを検出しました。登録を行いますか? 登録時にハードディスクは初期化されます」って画面に出てきます。


■でもさー、とっくの昔に知ってたことだし改めて云うことじゃないけどHDDって消えるときはほんっっと一瞬だね。VHSなんてもっと保つのにさ…。やっぱ時代はVHSですよ。

「録画したものをクラウドに保存しとく」みたいなサービスがあったりするのかね。いや、YouTubeみたいに動画を閲覧できる状態にするんじゃなくて、あくまでも倉庫としてクラウドを使うようなレコーダー。


■ポンキッキの30年くらい謎の曲(が何の曲か判明しました)


■『ひらけ!ポンキッキ』の世代の方にしか通じないあれですいませんが。

ポンキッキって、小さな子供に数や色や形の概念を教える15秒くらいのミニコーナーがあったじゃないですか。

そのミニコーナーは種類が無数にあるのですが、その中のひとつに

「キンコンカンコンケンコー♪ そうです そうです うりゃうりゃうりゃうりゃ キンコンカンコンケンコー♪」

という謎の歌詞の曲がBGMとして使われておりまして(これの0:51〜のとこ。みなさんご存知のとおりおれはとても親切な人間なので、左記リンクは頭出し済みです)


■おれは子供のころからずーっとこの曲を所さんの曲だとなんとなく思ってたんですね(幼少時のことですからこれっくらいの間違いは許してほしい)。


■ですが、このたび某君から連絡ありまして、これは、『究極超人あ〜る』のイメージアルバムの「やあ。」という曲だそうです。30年来の疑問が解決しましたよ。


■風邪を引きかけました


■毎年思うけど、「冬」って災害の一種だよなー。おれも水曜の晩は風邪を引きかけました。ひき肉300gを炒め、銀座デリーのカシミールカレー(ちょっと高い)で煮て、それを食べて(ライスなし)、あとジキニン飲んで寝ましたよ。


■所ジョージの歌が、めずらしく話題になってます。なんか基地問題とかからんでるからコメントしづらいけど。「オスプレイは飛んでゆく」って歌もあったな。

所さんといえば、去年の晩秋に『ハーレーの唄』っていう'12年のCDを手に入れたのですが、それに入ってる表題曲と「A Reflection」って曲が、最近は好きです。


■なんとか社のなんとか社長が、twitter上でお年玉と称して100万円を100人にプレゼントするそうですが。

そのニュースを聞いて、ハノーアーっていう外人のこれを思い出した。以下に抜粋。

あからさまな経済格差に対して何もせずにいたら、あの民衆が襲いに来ます。自由で開かれた社会で今のような経済格差の拡大が長く続くはずがないのです。 過去にも続いた例はありません。極めて不平等な社会には警察国家や暴動が付き物です。手立てを講じなければ世直し一揆が私たちを襲いますよ。可能性の話ではありません時間の問題です。(半蔵くんは親切なので、読みやすいように句読点を付けました)

まあ、このたびのお年玉云々も一種のガス抜きでしょうなあ、と茗荷谷駅前のマクドナルドで体長2mくらいのオオアリクイが云ってた。


■謹賀新年 二〇一九


謹賀新年

■激動の2019年も、とうとう七草粥の日を迎えました。一年ってほんと早いですよね。先週は大晦日だったんだぜ、紅白だったんだぜ。わずか一週間でこれですよ。


■で、あのー、昨日の午后、ちぇるちぇるランドから帰国してきました。タコス食べたぜ、パンケーキも食べたぜ。でもモチ食べてないんですよ。一個しか食べてない。ソーキ汁にモチをぶち込んだだけのものが、今年の実家の雑煮でした。網で焼いたやつも食べたかったなー。


■といった意味も含めまして半蔵商店ございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。2019年が、もうウルトラめちゃくちゃスーパー良い一年になりますように。



1/566 >>