■2017/12/29〜2018/1/4は冬休みで沖縄。

■gocoupのシングルは2018年に持ち越し。

■こちらもぜひ。
https://soundcloud.com/hanzo_tv/

■吉本会見


■焼そばUFOわさび味、みたいなのを何気なく食べようとしたら、一口食べて本気でむせかえりました。なんだあの食い物は! ヤムチャだったら死んでます。焼そばというか、ジャンル的には化学兵器ですね…。


■といった意味も含めまして半蔵商店でございますこんばんは。いま吉本が話題ですけども、みなさん岡本社長の会見、見ました? おれはちょっとだけ見ました。感想は「藤原副社長の髪型、いい年して昭和の小学3年生みたいでみっともねえな」ということです。


■さて吉本を代表する藝人と云えばニューロマンスですが[要出典]、そのニューロマンスのおにぎりが引退してたことをこの記事で知りました。ふむ。

ん? でも、記事中で触れられてるこの投稿が消えてる。どうなってるんだろう。


■とびきりに熱い、揚げたての白身魚のフライに、ひんやり冷たいタルタルソース等


七月十五日(月・祝)
■こういう、肌寒くて、空が曇ってて、なんなら小雨がぱらついてる日は、とびきりに熱い、揚げたての白身魚のフライに、ひんやり冷たいタルタルソースをかけて食べたくなる。

と書いて、「とびきり」が死語のような気がしてきた。「ひんやり冷たい」も重複表現のような気もしてきた。しかし、スーパーの惣菜コーナーならさておき、白身魚のフライを食べさせてくれる店って、ぱっと思いつかないものですね。

──いや、ひとつ思いついた、ハンバーガー屋だ。ハンバーガー屋でフィッシュバーガーを頼めばいい。フィッシュバーガーは、たいてい白身魚のフライだ。ブリの照り焼きだとか、〆鯖だとかが挟まっているフィッシュバーガー、はあんまり聞いたことがない。


■つーことで朝の八時半にフレッシュネスバーガー。フィッシュバーガーを真顔で発注。食する。うまい。

どういうわけか、今年に入ってから、白身魚フライにタルタルソース、の組み合わせが好きになってきている。以前は嫌いだったというわけでもないんだけど。


■そのあと、階上の店に移動してコーヒー。「フレッシュネスでコーヒーも頼めば良かったのでは?」とか、そういう正論を振りかざさないでほしい。この店はこの店で好きなんである。

窓から運河を見下ろしつつコーヒーを飲む。アフリカのどこぞの國のコーヒーで、後味が紅茶みたいなのが不思議だ。


■渋谷の会社に移動。雑用少々。佐久間宣行のオールナイトニッポン0聞く。営業の仕事じゃなくなってからラジオを聞く習慣がなくなったんだけど、ここ数週間、この番組だけはタイムフリーで休日に聞く、という謎の習慣ができつつある。


■12時半ごろ、茗荷谷へ感動の帰還。昼寝。起きる。テレヴィジョンを点ける。『5時に夢中』ちょっと見る。この番組でのマツコ・デラックスの肩書きって、相変わらず「コラムニスト」なんだな。

月曜の祝日の夕方、サザエさん症候群ならぬ『5時夢』症候群の人もいるんだろうな、と思いつつ、夕飯の買い出しに出かける。近所のスーパーの惣菜コーナーで白身魚のフライ3ヶ。


■神保町の仇を九段下で討つ等


七月十四日(日)
■三連休中日。朝、Windows 10のProとHomeの違いについて調べる。「ProのほうがWindows Updateを回避しやすい」みたいな記事がぽつぽつ見られる。ProとHomeの差額は数千円。数千円を払ってまで回避しなきゃいけないアップデートってなんなんだろうな。なんでマイクロソフトはこんなもん配信してんのかな。なんでユーザーの側がその数千円を払わないといけないのかな(※もちろんProとHomeは、他にも機能の差がいろいろあっての数千円なのですが)。


■ところで、おれは2019年のいまもWindows 7を使っている。Windows 7の発売は2009年。10年前のOSである。

10年前のOS、ということは、2005年当時にWindows 95を使ってるのと一緒だな…。


■小雨のなか国立劇場に向かう。歌舞伎鑑賞教室。解説あって、『車引』と『棒しばり』。梅雨どきの休日の午後にのんびりカブキを見るのは、良い。とてもゼイタクな時間を過ごしている心持ちになる。歌舞伎座じゃなくて、閑静な住宅街の隣にある国立劇場、っつーとこも、のんびりしてて良い。


■国立劇場から番町エリアを経由して、九段下まで歩く。前日(7/13)に神保町で微妙な冷やし中華を食べてしまったので、日高屋で「ごま冷やし中華」(厳密な商品名ではありません)の大盛り。ついでに餃子なんかも発注してしまう。うん、百点満点の味ではないものの、じゅうぶん満足。神保町の仇を九段下で討つ、ということわざがあるが、それを地で行く展開。830円。


■その後、九段下から御茶ノ水まで歩いて、そこから丸ノ内線で茗荷谷へ帰還。


七月十五日(月)
■あ、7/15の日記を書こうとしたけど、すいません、ちょっと時間が無いので、また改めて。半蔵商店でした。


■人類はそろそろ


人類はそろそろ、外れない網戸を開発すべき。


■「DTM パソコン スペック」で出てくるサイト、Windows 10、冷やし中華


■パソコンを買う買う買う買う買う買う買う買うと云い続けて幾星霜。ようやく新しいノートパソコンを本日購入しました! といっても、機種を選んで支払いを済ませただけで、実物が家に来るのはもうちょっと先なんですけどね。とはいえ、ちゃんと買いましたよ。

六本木パソコン

気になるスペックはこちら。
・OS/windows 10 Home
・CPU/i7-8700(6コア12スレッド)
・メモリ/32GB
・グラフィックボードっていうのかな/そういうのはない
・ストレージ/480GB SSD
・画面/だいたい15インチくらい(クラムシェルにして別のディスプレイにつなぐので、ここはとくに大事ではない)


■ほら、これは有名な話ですけど、おれってパソコンで音楽作ってるじゃないですか。だから音楽用にはどういうスペックのパソコン買えばいいのかなー、なんていろいろ検索してみたんだけど、「DTM用のパソコンに必要なスペックはこれだ! '83」みたいな記事があれやこれやとヒットするんですね。

それはいいんだけども、「CPUはi7以上が良いでしょう、メモリは16GB以上が良いでしょう、持ち運ぶならノート型が良いでしょう」みたいな、明治時代の天気予報かよレベルのふわっとした記事がけっこうあるのな! あとは「CPUは“頭脳”です、メモリは“作業できる机の広さ”です」みたいなさ、'90年代のパソコンの教則本みたいなことが真顔で書いてあったりとか。まあ、そういう初歩的な記事のほうがアクセス稼げるんだろうな。

で、そういうブログを書いてるやつと同じ数だけ意見があるわけだからさ、どのスペックが正解かなんて決定打はないし、いちいち参考にするのもだるい。

なので、いろいろ考えはしたのですが最終的にスペックはなんとなく勘で決めました。おまえの音楽にメモリが32GBも要るのかと訊かれるとあれですが、おれもよく分かりません。まあ勘ですので。


■で、ひとつ気になるのがWindows 10のグレードですね。ProかHomeか。このグレードの話になると、店の人が急に饒舌になってきて、やたらProをお勧めしてきて、吉本の霜降り明星ぐらいゴリゴリ推してきて、なんか不安になってHomeを選びました。

いま気になって、windows 10についてざっと検索してみたところ、やはりHomeよりProのほうが無難だったかなー、と思わないこともないけど、グレード以前にWindows 10自体を批判する記事がけっこう見つかって(おもにアップデート時の不具合の件)、なんなの10ってそんなにひどいの、といまさらながら認識するなどしております。大丈夫なんですかね、10…。いまだに7使ってるからわからん。





■さて、パソコンを買ったあとの食事といえばラーメンに限ります。

──そうかあ? (゚д゚ ) (゚д゚ ) (゚д゚ )

ですから、パソコンを買ったあとの食事といえばラーメンに限ります。

でも、まあ七月ですし、ラーメンではなく冷やし中華を食べに行きました。この時期に、クラッシックな中華料理屋で冷やし中華を食べるのが好きなのですね。

登録商標

いつもは神保町S店に行くところ、今日は目先を変えて神保町Y店に行きました。なんでも、冷やし中華発祥の店、とのことです。ほんとかよ。要出典タグ貼んなくていいのかこれ。


■お店に入ると、比較的ゴー☆ジャスな外装に反して、比較的しょぼい店内。なんだか病院の待合室みたい…。席について、冷やし中華の大盛りを発注。1810円。けっこうするね。

数分後、冷やし中華大盛りが運ばれてきたので、食う。ずるずるずるずる……。うーん、味はいたって普通。この価格からするとちょっと微妙かなあ。冷やし中華に美味いも不味いもあるかよって云いたがる人もいるかもしんないけど、でもやはり価格とのバランスってもんはあると思う。麺がそうめんのような極細なのも気になる。これはまあ、好みの問題ですけど。

おれが冷やし中華を半分くらいまで食べ進んだところで、見ず知らずの女性客と相席。うそだろ。1810円のもの食ってんのに相席はないだろ。いや、円卓とかならまあ分かるけどさ、4人掛けの普通のテーブルで相席。それも、お昼時のピークならともかく、午後2時前なんである…。


■さらにファッキングなことには(直訳風)、近くの席のアラフォー男性2人組が「中国旅行におけるトイレ事情」をでかい声で話していました。「最近はねー、中国の若い人もドア無しのトイレはイヤみたいです」とか、「上海の男性用トイレの小便器はエンドレスで水が流れている」とか、飲食店で大声で話すことかよ。そんなトークを聴きながら、1810円もするのに微妙な冷やし中華をすすっているこっちの身にもなってほしいし、こいつら2人とも帰り道で米軍に誤爆されてほしい。


■食べ終えて、「この1810円は、いままでの人生でいちばん納得のいってない1810円です」と心の中で念じながらレジのジジイに代金を払いました。高速度カメラで撮影して計測したら、たぶん、おれが財布から現金を取り出すスピードは普段より有意に遅かったと思う。

ちなみにこのお店、池波正太郎が生前通っていたそうです。だから何だよ知らねえよ。

ちかぢか、S店に行って冷やし中華を食べて口直ししてきます。



1/580 >>